健康食品

サイトメニュー
健康食品選択の基準
①かかり付けの医師と相談する。
あなたに合った処方箋を書いてくださる医師ならば、健康食品の適否も良いアドバイスをもらえるでしょうから。
②保健機能食品
安全性や有効性等が国の設定した一定の基準を満たした食品であるから。 「特定保健用食品」や「栄養機能食品」の表示が出ています。
③「りんごが赤くなると、医者が青くなる」「医者を殺すにゃ刃物はいらぬ。一日一粒の梅干があればいい」と言った諺。
時代のフィルタにかけられ、残っている諺には真理が含まれているから。
④果物を採る。
果物は胃袋の中で消化されないので、消化のエネルギーを必要としない。果物は15分か20分程度で腸に流され、栄養の吸収が始まるから。注意事項としては、果物のジュースは絞りたて以外は飲まないこと。ジェームス・スキナー氏
⑤自分に合った食物の研究をする。
本、ネット、経験等によって自分に合った食物を探して見て下さい。
相互リンク
・ 本サイトは、あなたの健康促進に役立つ情報やサイトを集めたものです。

「良い製品は良い原料から」との創業者・中島薫一郎の方針を守る、マヨネーズでお馴染みの
キユーピーアヲハタネットショップ







・ 「健康食品」という名称自体には法令上の定義は存在しない。あくまで『製造販売業者が「健康食品」と宣伝した食品=健康食品』である。 「健康食品」には「保健機能食品」であるものと、そうでないものがある。

・ 保健機能食品は健康食品のうち安全性や有効性等が国の設定した一定の基準を満たした食品である。 健康食品の品質を見極める時、評価基準の一つとすることが出来る。

特定保健用食品とは特定の保健目的により摂取した時、その効果が期待できる旨を表示することを国が認めた食品。
・形態としては、いかにも健康食品然とした錠剤や粉末ではなく、通常の飲食物(ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、緑茶など)や調味料(オリゴ糖など)、食用油などの形態をしたものが多い。

・ 栄養機能食品とは食生活等の理由により、不足しがちな栄養成分(後述)の補給を目的とした食品。 厚生労働省の設定した基準を満たせば、表示が許可される(規格基準型)。
・ (許可の対象となる栄養成分)
ビタミン(A,B1,B2,B6,B12,C,D,E)、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウム
ー厚生労働省及びWikipedia より引用ー


・ 健康食品と薬事法(健康食品と医薬品や広告表現について) 









運営者の判断で優れていると思われるサイトをご紹介しています。
   ・ 「健康食品 通販」として
  キユーピーアヲハタネットショップ
  サントリー健康食品オンラインショップ
  ・ 「ペット 健康食品」として
  ペットの健康食品
  ・ 「健康食品 管理士」として
  健康食品管理士認定協会
  健康食品管理士 Wikipedia
   ・ 「健康補助食品」として
  JHFAマーク商品リスト

以下は運営者のサイトにリンクされた健康食品関連のサイトです。
・  しょうゆをあげる
・  スローフードのすすめ[スローフードで人生を味わい尽くす]
・  みきの日記
・  美容と健康コム
・  スピルリナ普及会
・  スリムダイエットにあいのりなぎさで大注目
・  健康管理情報局
・  健康ダイエット情報
・  生活改善計画
関連キーワードタグ:健康食品、健康食品 通販、健康食品 サプリメント、ペット健康食品、健康食品 管理士、サントリー健康食品、健康食品 通販 サプリメント、通販 健康食品、通販 健康販売、通販 健康会社、通販 健康生活
健康食品